トップページ > ウォーターサーバーの知識 >  天然水とRO水

天然水とRO水

ウォーターサーバーは提供してくれるメーカーによって、お水の種類にも違いがあります。

違うお水にはそれぞれ特徴があって、向いている使い方と向かない使い方もあります。

あなたがどのようなウォーターサーバーの使い方をするのかによっても、合っているお水と合わないお水があるので、注意が必要ですね。

同じウォーターサーバーのお水でも、天然水とRO水という2種類に分かれます。

天然水は、名前のとおり天然で取れたままのお水です。

特に、加工をしたりしていません。

一方で、RO水はより飲みやすくするために、天然水に後から人工的に加工を加えたお水です。

現在、ウォーターサーバーでは、この2種類のお水が多く使われています。

天然水は、自然のままのお水ですから特に大きな特徴はありません。

どなたにも飲みやすいお水です。

また、RO水は後から人工的なフィルターを使って、天然水をろ過しています。

そのため、味はまろやかでおいしいのですが、人工的だという欠点があります。

どちらのウォーターサーバーがいいのかは、あなたご自信のお好みによって、お選びください。

天然水とは

国のガイドラインに適した天然に湧く地下水のことを指します。

この天然水の特徴しては、原水のミネラルなどの成分バランスを損なうことなく処理した水ということになります。

つまり、天然(原水)に近く、ミネラル成分が豊富に含んでいるナチュラルミネラルウォーターです。

このページのトップへ↑

RO水とは

原水を医学などでよく用いられるテクノロジーで構築されたRO方式のナノフィルターにかけて限りなくH2O(純水)に近い状態にした水のことを指します。

このRO水の特徴としては、限りなくH2O(純水)に近いため、余分な成分が一切ありません。

なので、ミネラル成分も含んでいないため、本当に単なる水ということになります。

このページのトップへ↑