トップページ > ウォーターサーバーの知識 >  硬水と軟水

硬水と軟水

一口にウォーターサーバーと言っても、使われているお水の種類には違いがあります。

日本人はお水というと水道水をイメージして、それぞれに大きな違いがあるようには思いません。

しかし実際には、お水にはとても多くの種類があるのです。

各ウォーターサーバーの会社が提供するお水にも、千差万別あります。

あなたがどのようなお水を利用したいのかにもよって、おのずと選ぶウォーターサーバーが違ってきます。

まず、注意したいのがそのウォーターサーバーが、硬水なのか軟水なのかという違いです。

軟水は、普段に日本人が飲んでいるお水により近いものです。

一方で、硬水はヨーロッパなどでよく飲まれているお水です。

ヨーロッパのメーカーのミネラルウォーターは、硬水のことが多いです。

さらには、同じ硬水でもそのお水によって硬度というものが違ってきます。

硬度の高いお水は、飲んだときに石灰のような石のような風味がすることがあります。

これは、お水の中により多くのカルシウムやマグネシウムが、溶け込んでいるからです。

あなたのお好みによって、ウォーターサーバーも使い分けてください。

目次