トップページ > ウォーターサーバーの知識 >  解約手数料

解約手数料

ウォーターサーバーの解約手数料は、業者ごとに違いがありますが、大まかに分けますと「完全無料」「契約年数によって異なる場合」「一律の場合」、この3つのケースにわかれるかと思います。

「一律の場合」「契約年数によって異なる場合」「完全無料」、これだけをみると、解約手数料が無料の「完全無料」というのがとても魅力的ですね。

けれどもトータル的な部分を考えてご自身が選んだ業者が、必ずしも解約手数料が無料であるとは限りません。

残念ながら「完全無料」ではない場合は、「契約年数によって異なる場合」「一律の場合」ということになるでしょう。

「契約年数によって異なる場合」ですと、契約期間数が短ければ短いほど解約手数料が割高になってしまいます。

しかしその逆に、契約年数が長ければ長い分だけ解約手数料は割安になります、そして場合によっては無料になることもあるようです。

「一律の場合」ですと、「契約年数によって異なる場合」のちょうど中間程度の料金設定となっています。

短期解約の場合は「契約年数によって異なる場合」より、安上がりになりますね。

目次